トップ «前の日(08-31) 最新 次の日(09-02)» 追記
2005|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|

旧道倶樂部録"

nagajis不定記。
本日のアクセス数:0|昨日のアクセス数:0
ad

独言 | bdb | C60 | D | KINIAS | OFF-uploader | ORJ | pdb | pdf | ph | ph. | tdb | ToDo | ToRead | Web | web | きたく | | なぞ | ふむ | アジ歴 | キノコ | コアダンプ | | ネタ | ハチ | バックナンバーCD | メモ | 乞御教示 | 企画 | 偽補完 | 力尽きた | 南天 | 危機 | 原稿 | 古レール | 土木デジタルアーカイブス | 土木構造物 | 大日本窯業協会雑誌 | 奇妙なポテンシャル | 奈良近遺調 | 宣伝 | 帰宅 | 廃道とは | 廃道巡 | 廃道本 | 懐古 | 戦前特許 | 挾物 | 文芸 | 料理 | 新聞読 | 既出 | 未消化 | 標識 | 橋梁 | | 滋賀県道元標 | 煉瓦 | 煉瓦刻印 | 煉瓦展 | 煉瓦工場 | 物欲 | 独言 | 現代本邦築城史 | 産業遺産 | 由良要塞 | 発行 | 看板 | 石垣 | | 竹筋 | 納得がいかない | 索道 | 絵葉書 | | | 資料 | 近世以前土木 | 近代デジタルライブラリー | 近代化遺産 | 近遺調 | 道路元標 | 道路考古学 | 道路遺産 | 都計 | 醤油 | | | 鳴門要塞

2007-09-01 この日を編集

[奇妙なポテンシャル] #19

自宅から歩いて3分もかからない所に弁当屋がある。そもそも弁当はコストパフォーマンスが低い故にあまり利用して来なかったのだが、どこにも行けない日曜日、ちょっと贅沢のつもりで弁当を買うことが最近は多くなった。

お気に入りは唐揚弁当450円である。唐揚数個と御飯と漬物程度のシンプルな弁当だが、とりあえず自分はこれで満腹するし、何より付属のゆずしょうゆがいい。アツアツの唐揚にかけるとゆずの香りがプワーンと漂って食欲を刺激する。唐揚のカリカリ具合も自分好みである。

ある時この唐揚弁当に「大」があることを知った。他の客が「唐揚弁当「大」!」と訳知り顔に言い放つ場面に遭遇したのだった。もちろんメニューには「大」なんてない。いわゆる裏メニューだ。しかも「大」はたったの+50円であるらしかった。何だかちょっと、お得そうじゃないか。

そう思って次の週に唐揚弁当大を注文してみた。わくわくしながら自宅に持ち帰り、開けてみた時の、残念感。未だに忘れられない。唐揚が増えているような感じもしないし、もりもり詰まっている感じもしない。普通の唐揚弁当と、どこがどう違うのだろう。しばし思い悩んだ。

嫌味だとか怒りだとか、そんな低次元な話ではなく、純粋に知りたくなった。そもそも+50円の差に目くじら立てるほど自分は賢い消費者ではない。「唐揚弁当大」の「大」は奈辺に掛かるものなのか。それが純粋に知りたいだけだ。

この想いを店員さんにぶつけたりすれば変に誤解されて次回からマークされ何をされるか判ったものではない故に聞くことはできない。なので「大」と「ふつう」を買い比べ、写真に撮って見極めようという作戦に出た。言っておくがnagajisは大変小心者である。

…。結局判らんかった。諸賢はどれが「大」だかお解りだろうか。答えは気が向いたら書くことにする。脳内俺が「大と小を同時に買って比べたらいいんじゃね?」と囁いたこともあったが、前記の通りnagajisは至って小心者である。出来る筈がない。

この後も何回か買い比べてみたのだが、やはりその差を知ること能わず。そうして終いには悟りの境地に至ってしまった。

私は50円を払って「大」の観念を買っているのではないか

大きな唐揚や大盛り御飯、+1個の漬物の対価としてではなく、純粋に「大」なる観念を得るために、私は50円多く支払っているのではないか。「大」を買うことによる満足感のための+50円。抽象概念を金で買えるなら安いものではないか。そうして明日もまた、唐揚弁当大を購入するだろうことが目に見えている自分が情けない。

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ MIMIZUK [Apple Keyboard のほうに目がいってしまい唐揚げなどみな同じに見えてしまいます.ADB のほうはテンキーに何かこぼれてますし.]

_ なき [弁当を作る人の愛が(ry  てか、量りで重さを量ってみては?]

_ 絹路 [唐弁のごはん大かそうでないかなんて議論できる廃道ブロクって...だからココは好きw ごはん"大"自体裏メニューって  たいがい手書きで店のどこかに貼ってあるものですが。 このお店はいただけない。「..]


2010-09-01 この日を編集

[独言] 豚丼休止

おれの唯一の贅沢が...

[] 弥五兵衛坂ハッケン

公文書館DAの太政類典・外編・明治四年〜明治十年・運漕九・道路五・橋梁・...さんしょ。リンクくれよ!

五右衛門谷隧道の坑口(貫キ口、貫キ尻)がちゃんと五角形になってるのに心動かされた。


2011-09-01 この日を編集

[] 明治17年:道路の制を更定するの議 by 有朋

アジ歴を徘徊していて面白い資料を見つけた.「要するに」はあとで書く.原文旧仮名漢字をかな新字に改め適宜句読点を入れた.

道路の制を更定するの議

道路の制は土木事務の沿革に従て維新以来数回の変遷を経歴したり.則ち明治六年大蔵省に於て道路規則を発布して,道路に三等の級を立て,廃藩置県前の旧慣を斟酌し,其等級に応じて処弁の定規を設け,既往五ケ年の工費を平算して官給の額を定め,八年地方官会議を以て国県里三道の制を定め,各道に三等の級を設たるも,経費は仍(な)お旧慣に依らしめたり.然り而め此時に至る迄管理上の事は全く政府の担任に係りたり.十一年府県会の開設,地方税規則制定の時に際し,管理及び経費支弁のこと共に著(つ)き変更を生じたり.則ち地方税支弁の費目中土木費の一項を置き,地方利害の大小に因て地方税及び協議費負担の別を定め,其区別は一に府県会の議決に委ね,其管理の事に至るまで併(あわせ)て地方に任じ,是より自ら維新以前の旧慣を破り,往々実際の不便あるを見る.然れども当時官給費額は仍お旧慣に依て支給したるを以て,幾分か地方の負担を補助したりしが,十三年第四十八号公布を以て土木費官給の事を廃止し,道路費悉皆地方の負担に帰したり.爰(ここ)に至て管理経費共に全く地方に放任し,政府は直接に道路修築の事に関預することなきに至れり.蓋(けだし)当時財政の急務よりして,従来の慣例に依り,地方税と連帯支弁に係りしものを以て地方税支弁に委ねたるに止り,管理の事に至るまで挙げて地方に放任するの廟議にはあらざりしなるべしと雖も,方今事実上に於ては全く放任の状を見るに至れり.

抑(そもそも),道路経理の良否は国家の盛衰に至切の関係を有し,運輸の便未だ洽(あま)ねからず,且軍備の拡張に急なるに方[於?]ては,其制を確定し,修繕周到の方法を索むるを以て今日の要務なりとす.加之,国県里三道の制は八年以前より既に制定せられたれば,其種類等級に応じて経費支弁の法を設け,首尾相全うせざるべからず.今や財政大整頓の緒に就き,地方政務の如きも較々(やや)着実に趣き,政府に於て漸次行政の基礎を鞏(かた)うし,其改良を計るの時機に任(あた)り,此際宜く財政上便宜の処分に係る一時の令を更(あらた)め,永遠の制を定め,以て内政改良の一端と為すべきなり.

近時交通運輸に車馬を用うるの繁多なるに至りしも,全国を通観すれば,修路の功は却て昔日に及ばざるもの少なからず.蓋,全国に貫通せる国道の修繕を以て,一府県地方税の支弁に帰し,管理の事を併て地方官に委任したると,十四年度財政更革の際,百万円余の巨額を以て地方の負担に属したるより,民力に堪え難きものあるとに因る.而て十三年度地方税より支弁せし国道修繕費の現額は十万八千二百六十五円,協議費より支弁せしもの四万六千五百七十四円,外に橋梁費若干,十四年度地方税協議費篤志寄付金の三種より支弁せしもの合計五十六万九千五百七なり.而るに既に行政の事務を中央と地方とに分ち,随(したがい)て経済を異にする以上,国道の如き全国の利害に関するものの経費を以て地方の負担に属するときは,情勢止むを得ず,管理の事に至るまで自ら地方に帰し,甲乙相接する所の府県にして道路の修繕互に異同ありて,全国を連絡せる国道の体裁に適わざるの実況あり.名実共に具当を得ざるなり.是に因て国道は悉皆政府の管理する所と為し,以て其修築の体裁をして全道一轍に出でしめ,傍ら工事の改良を計らんとす.

国道を政府の管理に属するに付ては,夫の国県里三道の制を定められたる旨趣を体し,県道は府県の管理に属し,其経費は地方税を以て支弁し,里道は町村若くは郡区の管理に属し,其経費は協議費を以て支弁すべきものと制度を定められんことを冀望す.

国道の総里数千九百四十里余,此平積千四百五十万八千九百六十四坪余,此修繕費一里に付千六百七十八円三十二銭即ち一坪に付十九銭四厘と見積り,其額二百八十一万四千七百三十九円一銭六厘,毎年全道の一半を修繕するものとすれば,其額百四十万七千三百六十九円五十銭八厘,其三分一を修繕するものとすれば其額九十三万八千二百四十六円三十三銭八厘強なり.外に治道,橋梁費の目途高を二十万円とす.

右の費額は国道全線の経費悉皆官給の目的を以て計算したるものなれども,従来の旧慣に依り,若しくは近年地方税改定以来の例規に依て,地方に於て実際支弁し来りたる費額にして,特に困難の状なきものは今遽(すみやか)に之を廃止するを要せず.道路掃除丁場と唱うるもの等,幸に猶お全廃に至らざる由.此等は詳細実地の調査を遂げ,或は旧慣に依て力役を課徴するか,又は沽計して分担せしむるの法を索(もと)むべし.依て此際は右一半若くは三分一と,外に橋梁費目処高の二分の一十万円,若くは三分の一六万六千六百円余を支給し,以て国道管理の実権を占めんことを要す.尤従来道路橋梁補助費として別途に官費支出せしもの,十五年度十八万五千七百三十円,十六年度二十四万四千六百六十二円(十七年度に於て稟議の積現今調査中の分凡三十余万円あり)あり.右国道管理の制を定めらるるときは総て此支出を廃止し,実地国道修繕の緩急に依り,其の費額に余裕を生ずることあらば,之を以て幾分か新道の開削を助成し,且国道の開削にして地方の発起に係るものあらば之を補助することとせば,政府に於ては従来地方の請求に因て補助金を給与し,往々出願の取捨に苦むが如きことなく,地方に於ては国道修繕の負担軽きを得て其余力を県道以下の修繕改良に施し,以て交通運輸の便漸く開進を期すべし.

国道を管理するに付ては,土木工師の任用職権を完むる等,其主務局たる土木官僚の組織に多少の改正を要すべしと雖も,今遽に其運びに至り難きの事情なきにあらず.且,創始の際なるを以て,地方官の意見等も篤(とく)と聞得たる後,猶お改正の案を呈すべし.依て此際先別紙の通地方官へ内達せられ,厚く右趣旨を論し,土木局員と協議の上地方官をして管理せしめんとす.

又治水の事業たる,方今土木の大要部分に居り,多少の沿革を経て全国屈指の十四大河は既に直轄に帰し,其工費十三年度より十五年度に至る迄は二十万円乃至二十八万円なりしも,本年度に於ては四十七万三千三百十一円の巨額に達せり.その工事大に改良進歩の緒に就きたりと雖も,猶お漸次直轄の河川を増加するか,若くは地方と連帯経理の法を設け,其管理の制を更定し,一層水利土工の改良を計るも亦内治上至要のことたり.港湾修築事業の如きも,善く其緩急を査定し,漸次着手の順序方法を確定するは,経済上寔(まこと)に緊要のこととす.不日更に現況を具し,併せて改良の方案を上陳すべし.道路の制度を更定するに更定するに至切の関係あるを以て,特に之を附陳す.

以上具陳する所幸に御採聴を蒙らば,十七年度より実施候様相成度,謹(つつしん)で仰御採択候也.

明治十七年二月 内務卿 山形有朋

太政大臣 三条実美殿

要するに,の前に前提を書いておく.明治6年に道路等級制,明治8年に国県里道制ができた頃は国が道路の改修費用を出すことになっていた(官費下渡金).それが嵩んで重荷になってきた明治13年,官費下渡金を廃止して道路にかかる費用を地方税負担,すなわち府県が負担するように改めた.

引用した山県の上申は,それを改めるべきだというもの.国が国道の改修費を継続的に出すことで,国の国道に対する権限を強化し,国道網の整備をするべきだ,ということだ.

M13以前は国が道路の監督権限(国県道を定めたり何とかしたり)を有し,かつ¥を出していて,一方で工事をしたり改修したりといった管理権限は府県にあった.「国に代わって府県が道路を維持管理する」という関係が成り立っていた.しかしそれが,財布の紐まで地方に委ねてしまったことで,道路行政を地方に丸投げする格好になっている.国の幹線たるべき国道の改修が疎かになっている.このままじゃいかん,国が積極的に国道改修に関わるべきだ,と山県は言っている.

こういう上申をしていたことは聞いたことがあるようなないようなだし,要は旧態に戻せということなんだが,結構先見の明があったんじゃないかと思う.大正8年の旧道路法では道路管理権(道路管理者)を明確に定め,道路の体系的な管理を可能にしたけれども,国が道路管理者になることはなかった(国道,府県道の管理者は府県知事).国(国務大臣)が管理者となり国道の建設を行うようになったのは昭和27年の新道路法からのこと.その結果としてようやく四通八達の国道網が出来上がった.

山県の上申は大蔵卿・松方正義の“つっこみ”が入っている.

地方官に御内達案

道路の修繕を善くし其改良を図るは方今の急務に有之候に付,来る十七年度以降国道修繕費総額の幾分は官費を以て補助可致儀も可有之に付,詳細の儀は内務卿の指揮を受け,国道管理の方法一層行届候様可致,此旨内達候事.

別冊内務卿上請之趣審案候処,実際不得止筋とは相考候得共,来十七年度予算之儀は既に其概計上に於て無慮四百六十万余円之不足を生じ候に付,歳入出減削支弁之方法目下苦慮計画中に有之,同年度に於ては支出之目的相立□中候間,内達並実際に施設之緩急等者,尚当省協議之上追而申出候様,御指揮有之度,此段及副申候也

明治十七年三月十四日 大蔵卿松方正義

太政大臣 三条実美殿

要するに,山県案には賛成するけれども,十七年度の支出はすでに赤字超過になっているので難しい,工事する箇所や費用等はうち(大蔵省)と相談して決めてくれ,ということ.

そうして三条実美の回答はこう.

上請之趣聞届状尤大蔵卿上申之趣有之に付金額支出の目処並に一般施設の順序等は詳細取調更に可伺出其迄の内実際之儀は右の目的に拠り臨時支出の金額等大蔵卿へ協議の上適宜御取計事

但金額前途支出の儀は其都度伺出候儀と心得べし

明治十七年三月十五日

一応は山県案を容れている格好.大蔵省と相談の上,詳細を決めて再度問え,ということになっている.

でも,その後はそうなっていない.先述の通り道路の維持費用は府県が負担し続けた.翌年に内閣制が始まったことで話がポシャったということだろうか? それともこれが国庫補助の制度につながっていったのか?

あ,原文の資料番号はA03022908500.「道路ノ制更定ノ件」.アジ歴は資料へのリンクが取れないから困る(AA略

[ph.][] 大木

画像の説明今更感たっぷりな一枚.旧戸倉隧道の西口坑口の上にこんな大木が育っていることに,この間気づいた.コンクリートの塊から白飛びしつつある路面までの高さと比べてみていただきたい.相当な巨木である.

斜面から斜めに突き出した坑門工の上だから,隧道以前からあったものではあり得ない.隧道が作られた時に植えられたか,その後に実生したものだと思われる(石垣が巡らされてあるところを見ると態々植えたものである可能性が高い.ただの土留め石垣かも知らんが,ご神木を護る玉垣と捉えたほうが色々捗る気がする).

こんな大きなものを載せてよくもまあ壊れないものだと思う.世界樹よろしく隧道を包み込んで,却って崩壊から守っているのかも知れない.

[独言][web] なんや

こんな便利なんができてたんか>Googlemaps static

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ nagajis [ORJ BEST!で無料公開中です。検索も便利ですよ。]

_ ocoze@三重 [「自分で探せよ」を遠まわしに言うと「検索も便利ですよ」となるなWW それもよかろう。うんうん,ネット人の常識じゃでな。 さて,29号に本体があるのじゃな。20号台と50号台はまだ買ってないんでと..]

_ nagajis [いやー,ツッコミは見逃しちゃうことが多くて・・・ここで尋ねられるよりも検索のほうがはやいですよーということです.他意はございませぬ. 私の記事をお読み下さりありがとうございます!]


2013-09-01 この日を編集

[独言] 時間がない

ああ時間がない時間がない。5時間かけてたった一本じゃ終わるはずがない。文字整理だけで何十分もかけんなドアホ。へンマ。トンチキ。マ。

という文句を書き散らすスペースとしてここを設けているわけだけれども、それが上手く機能しているようにも思われぬようになってきたのは小さな成長かもしれない。単なるディストーターとしてしか働いてないんではないかここ。文句言ってる暇があったらその時間でなんか書いたらどうだこのスットコドッコイヨッコイ庄ちゃん。

先週はUSBケーブル一本のせいで全く触ることができなかった。その焦りが今に発露しているという分析も可能だ。慌てたって原稿はできない。一つひとつ詰めてくほうが確実で早いに違いない。

考え方の癖チェックをした。「アンケートで悪い評価しか見ていない」云々というチェック項目があって、笑いを堪えつつ最高得点(要するに花丸)をつけておいた。それが何の歪みを表しているかは忘れたが思っていた通りのだったのは確かだ。完璧主義でないのはちょっと意外だったが、考えてみりゃ自分の「完璧主義」の定義なんて、いい加減であてにならないからなー。

[D] 漠然と

勉強をしてないのにテストを受けるはめになる系の夢は見たことがないが、新聞配達をしなければならない状況に陥り四苦八苦しながら配っている夢は(高校以降今日まで)何度か見たことがある。あれはいやなものだ。その昔実際に配っていたエリアが舞台で、シーンも当時そのままと思うのだが、辞めてから数十年経過しているのだから配る家を覚えているわけがない。長屋が並ぶ今井住宅で「ここは休止だったっけ?」「ここも配るんじゃなかったっけ?」と悩みながら投函するはめになる。合っているのかそうでないのかもわからぬまま1周を終え、最後に新聞が残っていたときの絶望感。ああそうか、実際つねに1、2部余ってたよな。それがすべての元凶だ。


2014-09-01 この日を編集

[] Robert A. Heinlein『夏への扉』

書庫から発掘したので記念読書(やらなきゃいけないことがあるのはわかっとるのだ.逃避行動なのだ).何度読んでも素晴らしい作品だと思う.不朽の名作という感を新たにする(これは福島正美氏の名訳に負うところ大と思い).以前とは違うところで涙している自分を発見して「変わったな」と思った.大切にしよう.

昭和60年第17刷,p.276に余計な閉じカッコが一つある.あと「こういう時に調法する」は間違いじゃなかった.調法も重宝も同じ意味.あとページに経年のヤケ・カバー背表紙天角の破れをテープで補修してあるうえに劣化が始まっている.

[ネタ] 徳川道ミッション終了

画像の説明

最後の区間を歩いた.足掛け7年でようやくコンプリート.ここを後回しにしていたのは,ほぼ全線が改修済み、特に後半は長々と市街地歩きが続くとわかっていたからだったのだが、そうして事実その通りだったのだが、むしろそういう状況である道を取り上げることに意味があると思うようになっているいまの自分である。7年間の鍛錬の成果だろう。人の目を引くような遺構なんて放っておいても誰かが行って、幾らでも写真撮ってupして鼻高々される。写して残せないものだからこそ手段を講じなければならぬ。「ただ道が写ってるだけじゃん」とかぬかす野郎にはこちとら用がない(誰がそういったのか名前すら忘れてしまった。あはは)。

朝霧へ降りていくところで思いっきり道を間違えてしまい、1時間ほどロスしたが、そのお陰で神戸線の人身事故に巻き込まれずに済んだ。予定通り神戸市立図書館に行っていたらモロだったろうと思う。ウメチカも少し撮り足せた。最後のシーンを撮り間違えていたのや、三番街の螺旋階段とかを回収。阪神構内はせっかくのチャンスだったのに間違えて北側を行ってしまった。

開いたのは10番出口だ。作中には出てこないが、あの直線的に登っていく階段は いかにも地上への脱出という感じがするし、ゴツい扉と柵とがあって、閉じ込められる可能性を圧力してくる。地上に出た時にスパッと切り替わる感じ(地上にまろび出たという感じ)も、そうなっていることを想像しながらーーーもし出ていたらを想像しつつ読んだらさらに迫真だろうと思った。

プチシャンを通らずにB1にあがるのも実に意味がある。堀さんどこまでリアルなんだ。

[看板] 鏝絵@大蔵八幡町

画像の説明

適当なカテがないので看板にする。大蔵八幡町の旧西国街道筋で見かけた鏝絵。月に兎の風流に加えてこの立体感がすてき。すでに絵のレベルを超えている。欧米のビルにガーゴイルが座ってるのと根は一緒なんだと思う。日本ではそこまでアピールしない。様式に取り込まれて「あって当たり前」の存在となり目に入っても意識されないようなモノになったものと、もとからさりげなくて、そのくせ作り込んであって、気づいた人が「フフッ」となれるものとでは、後者のほうが日本的だろう。東照宮の眠り猫とか。


トップ «前の日(08-31) 最新 次の日(09-02)» 追記